過払い金について

テレビのCMなどでよく耳にする過払い金という言葉。
返還請求すれば戻ってくることがある、というところまでは分かるのですが、過払い金がどういうもので、どういった仕組みで発生するのかはあまり知られていません。
このサイトでは、そういった過払い金発生の理由について説明します。

元々、金利には2種類の上限がありました。
これは「出資法」と「利息制限法」という利息に関する2つの法律が存在したからです。
この両者はそれぞれ違った金利を設定していたため、ほとんどの貸付業者は高いほうの金利でお金を貸していたのです。
しかし、2010年に金利の上限が引き下げられ、2つの法律の金利は事実上統一されました。
ただ、2010年以前の取引に対してもこの金利が適用されることになったため、新しい金利とそれ以前の高い金利との差額が発生したのです。
これが過払い金です。

なお、過払い金の時効は10年ですから、この間に取引した人や完済した人がいれば、返金請求ができます。
弁護士や法律事務所にまずは相談してください。
無料相談を受け付けているところもありますので、話を聞くだけでもしておいたほうがいいでしょう。
ただ、個人で直接貸付業者に問い合わせるのはおすすめできません。
いいように言いくるめられておしまいというケースが多いのです。
借りたものは返すのが当たり前ですが、払い過ぎたものは返してもらわなくてはいけません。
違法すれすれの金利がまかり通っていた時代は終わったのです。
心当たりがある人は、ぜひ返還請求の手続きを行ってください。



[特選サイト]
過払い >>> 弁護士へ相談すれば過払いの返金請求ができます。